So-net無料ブログ作成

半沢直樹 続編が10月に延びた理由 [芸能]

スポンサードリンク




半沢直樹の続編が期待されていたが、今年10月から放送されることが確定した。
最終回視聴率42.2%という驚く程の数字を出した半沢直樹。

続編が作られないはずがない!


3月いっぱいで終了する「朝ズバッ!」の後番組の司会には
みのもんたから夏目三久と齋藤孝教授と発表されたことで
半沢直樹の続編もまず確定だと思った。

TBSの看板アナ、安住紳一郎は「なんで外部の人間が?」とブチ切れたらしい。
TBSとしては、なんとしても「半沢直樹」の続編をやらねばならないという状況が作られていたのだ。

続編を制作するためには、主演の堺雅人でないと始まらない。
しかし、堺は、この「半沢直樹」のキャラクターが
自分に定着するのを嫌っていたということが知られている。

その堺の所属事務所は田辺エージェンシーである。

情報番組の司会に大抜擢された夏目は、同社の田邊昭知社長の一押しタレントである。

夏目の司会起用で、事務所が堺を説得したと予想される。

 
しかし、「半沢直樹」放送時期については、7月からだと思っていたが
10月にずれ込んだ理由としては、この制作費の問題があったと思われる。

「半沢直樹」の監督である福澤克雄プロデューサーは、
民放では高額制作費を使ってドラマ作りをすることで知られているのだ。

「半沢直樹」は、1本あたり4,000万円だった。

ところが、「半沢直樹」の後に放送された木村拓哉主演の
『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』は1本8,000万円だそうである。

それほどの莫大な制作費を使って、最終回視聴率は12.6%となってしまった。

そのしわ寄せが「半沢直樹」続編が延びた理由だと考えられるのだ。


いくらお金をかけようが、視聴率男だったキムタクであっても
もはや、視聴率は取れなくなってきている。

続編の仮タイトルは「半沢直樹~リベンジ編」のようだ。


出演者は堺、

そして前回のメンバーに加えて、

佐藤浩市、西田敏行、野村萬斎、それに高畑淳子、真木よう子が予定されている。

はんざわなおき.jpg


一番気になるのは、出向を命ぜられた半沢直樹が
どのようになっていくのかストーリーが楽しみだ。

まだ、半年以上も先のことであるが、今から放送が楽しみだ!



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。