So-net無料ブログ作成
検索選択

佐村河内守と新垣隆はホモだった!同性愛破局が原因! [芸能]

スポンサードリンク




今、世間を騒がせている佐村河内の偽ベートーベン事件。


佐村河内は18年間もゴーストライター新垣隆氏に依頼していた。

18年と言えば、実際、長い年月である。



何故、この時点で新垣氏は暴露したのか?

暴露しようという気持ちになったのか?


新垣氏はソチ五輪で高橋大輔さんが、佐村河内氏の作曲とされる
ヴァイオリンのためのソナチネ」を演技で使用する曲に選んだ。

新垣氏は高橋大輔選手が世界中の人が観る中で
この「ヴァイオリンのためのソナチネ」の曲が流れ
佐村河内が作曲したものではないということがバレて
世界中から避難が殺到することを恐れ、会見を開いたと言っていた。



しかし、18年間も続けられたふたりだけの秘密であったのが
何故、今なのかと疑問に思ってしまうのある。

では、何が原因だったのか?

さむらにいがき.jpg


佐村河内守と新垣隆はホモではなかったのか?ということである。


ゴーストライターを暴露して、この関係を解消したのは
ふたりの同性愛の関係を解消したからではないかとの疑惑が浮上している。



冗談のような話しですが、これには深い根拠があるのです。

クラシック界では有名な話です。

因みに、「クラシック ホモ」で検索すると驚く程、
たくさんのホモの音楽家が列挙されます。


ホモだったかどうかを調べることは出来ませんが、
佐村河内氏も新垣氏もマスコミの激しい追求でポロっと暴露してしまうかも知れないですが・・



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。