So-net無料ブログ作成

インドネシア レンボンガン島 どこ [世界]

レンボンガン島は、インドネシア中部の小スンダ列島のひとつの島で、
バリ島とペニダ島の間にある島です。

レンボンガン島の面積は約8km²です。

島を一周する道路が無いため各観光名所に行くには
島の中心に位置するレンボンガン村を経由する必要があります。

素朴な漁村が点在しており、
人口は約5,000人くらいのようです。

南の隣にあるチュニガン島とはつり橋でつながっており、
バリ島とはバドゥン海峡を挟んで12kmの距離があるが、
ボートが発着するサヌールからは約18km離れています。

れんぼんがんとう.jpg

島西部のマッシュルーム・ベイ、ジュグッバトゥ村という村があって
美しい白砂のビーチが広がっており、
島の周りは美しい珊瑚礁に囲まれています。

毎日のようにバリ本島から日帰りの観光客が来ます。
ダイビング、シュノーケリング、サーフィン、バナナボートが人気です。

マッシュルームベイ周辺には快適なリゾート、バンガローが揃っています。

ジュングッバトゥ村には格安バンガローが多くあり、
バリ島と船で結ぶプラマ社の船着場、レストラン、レンタサイクル屋などがあります。

一方、島の東側には野生のマングローブの森があり、
クルーズ会社のツアーに参加すれば森までサイクリングを楽しむことが出来ます。

また、島南部のレンボンガン村には
マデ・ビヤサという農夫が掘ったという地下ハウスがあるので
見学してみてはどうでしょうか。


レンボンガン島には、バリ島のサヌールからプラマ社のシャトルボートが毎日運行しています。
所要時間は約1時間30分です。

他にもScoot社のスピードボートもサヌールから所要時間40分です。

また、これらの会社が本島からの送迎があり、
マリンスポーツを組み込んだパッケージツアーがありますので
バリ島で申し込んで参加しても良いと思います。

島内には公共交通の乗り物はないので、
各リゾートからバイクレンタル、レンタサイクルが利用出来ます。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。